NY株続伸、67ドル高 売られ過ぎとの見方で

ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)

3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比67・29ドル高の3万3128・79ドルで取引を終えた。前週末に急落したのを背景に、短期的に売られ過ぎているとの見方から買い注文が優勢となった。3月の米製造業受注高が市場予想を上回ったことも相場を支えた。

ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を4日に控えて様子見姿勢も強く、上値は重かった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、27・74ポイント高の1万2563・76。

個別銘柄では、航空機のボーイングや通信のベライゾン・コミュニケーションズの上昇が目立った。スポーツ用品のナイキは下げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細