ノーマン・ミネタ氏死去 アジア系初の米閣僚、日系人強制収容体験

ノーマン・ミネタ氏(AP)
ノーマン・ミネタ氏(AP)

【ワシントン=渡辺浩生】アジア系初の閣僚としてクリントン政権で商務長官、続くブッシュ政権で運輸長官を務めた日系2世のノーマン・ミネタ氏が3日、心臓病のため死去した。90歳。米カリフォルニア州サンノゼ出身。

ミネタ氏は日米開戦翌年の1942年、当時のルーズベルト大統領が発した日系人立ち退きの大統領令により、家族とワイオミング州ハートマウンテン収容所に送られた。

戦後はカリフォルニア大バークレー校を卒業し、陸軍の情報将校として日本や韓国で勤務。その後、地域の政治活動に携わり、サンノゼ市長を経て75年から95年まで民主党の下院議員。レーガン政権時の88年に日系人の強制収容を米政府が過ちと認め謝罪・補償した「市民の自由法」の成立に尽力した。

2000年に「アジア系初の閣僚」としてクリントン政権の商務長官に起用され、翌01年、共和党のブッシュ(息子)政権の運輸長官に就任し、9月11日の米中枢同時テロに遭遇。発生直後にホワイトハウス地下の緊急指令センターに入り、米上空の全ての民間機を最も近い空港に緊急着陸させる措置を決断、冷静な指示と指導力により2時間20分で無事全4638機を着陸させた。

故郷のサンノゼ国際空港は01年、ノーマン・ミネタ・サンノゼ国際空港に改名。06年7月に同長官を退任、同12月にブッシュ大統領から国家に貢献した米国民をたたえる「自由のメダル」を授与された。直後の本紙取材に「私は米国人であると同時に日系人であることを誇りにしている。この二つは相いれない考えではない」と語っている。

ブッシュ氏は3日の声明で、ミネタ氏を「困難と偏見を克服した人として、素晴らしい米国の物語を生きた」と惜しんだ。

米駐日大使「最高の公僕の一人」 ミネタ氏追悼

会員限定記事会員サービス詳細