動画

岸田首相、ローマ教皇と会談 「核兵器なき世界」へ協力

ローマ教皇フランシスコ(左)と会談する岸田首相=4日、バチカン(バチカンメディア提供・ロイター)
ローマ教皇フランシスコ(左)と会談する岸田首相=4日、バチカン(バチカンメディア提供・ロイター)

【ローマ=杉本康士】イタリアを訪問中の岸田文雄首相は4日午前(日本時間同日午後)、ローマ教皇フランシスコとバチカンの教皇宮殿で会談した。首相と教皇は「核兵器のない世界」の実現や人権擁護などを重視するパートナーとして、人類共通の諸課題に対処するため協力を進めることで一致した。

日本の首相がバチカンで教皇と会談するのは2014年6月以来約8年ぶり。政府関係者によると、今回の会談は首相の強い意向で実現したという。

首相は会談で、教皇が19年に被爆地の広島市と長崎市で行った「核兵器のない世界」実現を訴えた演説について「日本国民の心に深く刻まれた」と謝意を表明。その上で「被爆地・広島出身の首相として『核兵器のない世界』に向けバチカンと協力したい」と述べた。

首相と教皇はロシアのウクライナ侵攻について「無辜(むこ)の民間人の殺害を非難するとともに、非道な侵略を終わらせ、平和を取り戻す」との決意で一致。首相は4日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことに言及した上で、北朝鮮の核・ミサイル開発に懸念を表明し、拉致問題の即時解決に向けた理解と協力を要請した。

一方、首相はバチカンの首相に相当するローマ教皇庁のパロリン国務長官とも会談。首相は東・南シナ海における力を背景とした一方的な現状変更の試みや、香港、中国の新彊ウイグル自治区の人権状況への強い懸念を表明した。両氏は核兵器の使用・威嚇に反対する立場で一致した。

会員限定記事会員サービス詳細