北朝鮮が発射の飛翔体、すでに落下か 「弾道ミサイルの可能性」と韓国軍

金正恩朝鮮労働党総書記(中央)=4月27日(朝鮮中央通信=共同)
金正恩朝鮮労働党総書記(中央)=4月27日(朝鮮中央通信=共同)

韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が日本海に向けて飛翔体を発射したと明らかにした。日本の内閣官房は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。

海上保安庁は弾道ミサイルの可能性があるものは既に落下したとみられると発表。航行する船舶に対し、落下物を見つけた場合は近づかずに通報するよう求めた。

北朝鮮は4月16日に2発の飛翔体を日本海へ向け発射。北朝鮮メディアは同17日、「新型戦術誘導兵器」の発射実験が成功したと報じた。

北朝鮮は弾道ミサイルの発射を繰り返し、同25日には首都平壌で軍事パレードを開催。米全土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」などを公開した。(共同)

北が弾道ミサイル発射の可能性、海保が警報

会員限定記事会員サービス詳細