サーフィンCTで五十嵐は年間6位に後退

五十嵐カノア
五十嵐カノア

サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)第5戦、マーガレットリバー・プロ最終日は4日、オーストラリアのマーガレットリバーで行われ、男子はジャック・ロビンソン(オーストラリア)がジョン・フローレンス(ハワイ)を退けて通算2勝目を挙げた。2回戦敗退の五十嵐カノア(木下グループ)は、年間2位から6位に後退した。

CTは前半戦が終了。男子は年間21位以内など24選手が後半戦に残って年間優勝を争い、それ以外の選手は7日開幕予定のチャレンジャーシリーズ(CS)に回る。

女子はイザベラ・ニコルズ(オーストラリア)が初優勝した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細