秋葉国家安全保障局長がサリバン米大統領補佐官と会談 首脳会談へ地ならし

秋葉剛男国家安全保障局長(右)とサリバン米大統領補佐官=3日、ホワイトハウス(日本大使館提供・共同)
秋葉剛男国家安全保障局長(右)とサリバン米大統領補佐官=3日、ホワイトハウス(日本大使館提供・共同)

米首都ワシントンを訪問中の秋葉剛男国家安全保障局長は3日、ホワイトハウスで、サリバン大統領補佐官(国家安保問題担当)と会談し、アジア太平洋地域の安保環境が厳しさを増す中、日米同盟の抑止力強化を確認した。5月下旬に予定されるバイデン大統領の訪日や日米首脳会談についても意見を交わした。両政府が発表した。

秋葉、サリバン両氏は中国をにらんだ日米豪印の枠組み「クアッド」の連携を深め、「自由で開かれたインド太平洋」の維持、強化に向けた協力推進で一致。「ロシアによるウクライナ侵略」については国際秩序に対する深刻な挑戦だとして、断じて容認できないとの立場も共有した。

両氏は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を続ける北朝鮮や、海洋進出を進める中国を含むインド太平洋地域の情勢についても日米が結束して対処することを確認した。

ホワイトハウスによると、両氏はバイデン氏の訪日に先立つ訪韓についても協議した。秋葉氏は3日、国務省でブリンケン国務長官とも会談した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細