フジ「料理の鉄人」がNetflixで復活 6月から世界配信

アメリカ版「Iron Chef」のロゴ(C)Netflix
アメリカ版「Iron Chef」のロゴ(C)Netflix

フジテレビが制作・放送した人気料理バラエティー「料理の鉄人」が、タイトル「Iron Chef:Quest for an Iron Legend」(邦題:アイアン・シェフ~伝説の鉄人を探求~)として6月15日から世界最大級のオンライン配信サービス、Netflixで独占配信(190の国と地域)されることが3日、発表された。

番組は、アメリカのフォーマット権をNetflixにすでに販売していたが、今年中にブラジル版、メキシコ版もそれぞれの国の出演者、テーマで制作し世界配信することが決まっている。

アメリカ版では、新たに生まれ変わったキッチンスタジアムで5人の新しい“料理の鉄人“が、5人の勇敢な“チャレンジャー・シェフ”と1対1で対決。持久力と創造力の限界に挑みながら料理を作り上げていく。

チャレンジャーの中で最も優れた成績を残したシェフは、次は“アイアン・レジェンド(鉄人レジェンド)”の称号を懸け、グランド・フィナーレで5人の鉄人全員と戦う。これらの模様が全8話(1話45分)で全世界独占配信される。

「料理-」(1993~99年、2012~13年放送)は、世界レベルの料理とハイテンションなスポーツ実況を融合した番組スタイルが高い評価を得て一大ブームを巻き起こした。これまでオーストラリア、タイ、ベトナム、イギリスなどでも現地版が制作されている。

コンテンツ事業部の小宮隆司海外担当プロデューサーは「海外の人に“フジテレビの番組を知っているか?”と聞くと、必ず『Iron Chef』と答えるようにフジの名前を世界に広めた代表的な番組。それぞれの作品が、それぞれの国のカラーを取り入れ、新たな一大ムーブメントを生み出すことを期待している。そしてヒットする番組を続いて作れるよう海外展開の一層の強化を図り、新しいビジネスチャンスを開拓していきたい」と話している。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細