現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

hanashikaの時間。

手を焼く議員 桂小春団治

桂小春団治さん
桂小春団治さん

緊迫したウクライナの報道を見て胸の痛む毎日です。紛争の前に外交努力というものの必要性を強く感じます。この外交、最前線にいる大使館や領事館の方に、海外公演でよくお世話になりました。公演の協力だけでなく、大使公邸で食事会に招待されることもありました。

まあ、われわれが接する外交官のほとんどは政治や経済ではなく文化担当の方ですが、大使館の主催公演では、空港の出迎えから会場の送り迎えまで、大使館の方が付ききりでお世話してくださったのですが、その方たちが厄介だと思うのが日本の地方議員の視察だそうです。

ごみ焼却場や環境問題など、議員さん方が団体で訪れ、目的の視察の合間に時間が空いたときは、ご当地の美術館や博物館なども大使館の担当者が案内するそうですが、議員さんの中には「そんなところはいいから買い物に連れていけ」と露骨に言う人もいるそうです。

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【産経抄】5月25日

  3. 【正論】中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  4. 【主張】クアッド首脳会合 「対中抑止」を一歩進めた

  5. 【浪速風】はじめてのおつかい

  6. 【主張】拉致と米大統領 日米の結束で決断を迫れ

  7. 【長州正論詳報】「なぜ今、河合栄治郎なのか」湯浅氏が持論

  8. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

  9. 【産経抄】5月24日

  10. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

会員限定記事