追加制裁決議へ連携確認 対北朝鮮、日米高官

(左から)船越健裕アジア大洋州局長、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表
(左から)船越健裕アジア大洋州局長、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表

外務省の船越健裕アジア大洋州局長は3日、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と電話会談した。北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、米国が国連安全保障理事会に提出する意向の追加制裁決議案を念頭に、日米、日米韓3カ国で緊密に連携する方針を確認した。

両氏は、北朝鮮が4月に実施した朝鮮人民革命軍創建90年記念の軍事パレードなど最新の動向についても意見交換した。

会員限定記事会員サービス詳細