憲法記念日 NHK党立花孝志党首談話「契約の自由、明文化へ改正」

NHK党・立花孝志党首
NHK党・立花孝志党首

本日、日本国憲法の施行から75回目の憲法記念日を迎えました。契約の自由は、資本主義における自由競争社会の発展に大きく寄与しており、国民にとって重要な基本原則の一つです。その重要性から、令和2年4月より施行された改正民法では「契約自由の原則」が明文化されました。しかしながらNHK受信契約についてのみ、平成29年最高裁判決でNHK受信契約は合憲との判断がなされ、国民の権利とも言える「契約の自由」が侵害されています。契約の自由は、公序良俗に違反するものや、労働者を守るために定められた労働基準法等の強行法規も例外とされていますが、NHK受信契約は、NHKを守るためだけに個人の契約の自由そのものがほぼ全面的に否定されています。

日本国憲法とは国民の権利・自由を守るものです。国民の多くはNHKのスクランブル放送を求めているにも関わらず、テレビをただ持っているだけで見てもいないNHKと契約をしなければならないことが合憲と判断され、国民の契約の自由が守られないのであれば、直ちに契約の自由を明文化した憲法条文へ改正し、国民の権利・自由を保障すべきではないでしょうか。

NHK党は、国民の様々な権利・自由を保障する日本国憲法を改めて国民の皆様に深くご理解いただくとともに、日本国憲法を重んじた活動を今後も行って参ります。

会員限定記事会員サービス詳細