憲法記念日 日本維新の会松井一郎代表談話「憲法論議の先頭に立つ」

日本維新の会・松井一郎代表
日本維新の会・松井一郎代表

令和の世に入ってから 4回目の憲法記念日を迎えた。日本国憲法施行から75年を経て、この間、時代や国際情勢の変化に対応できなくなっているという現行憲法の課題があらわとなってきたが、立法府は頰被りを決め込んできた。

出口が見えない新型コロナウイルス禍にロシアのウクライナ侵略も加わり、国民の皆さまも、時勢から取り残された現行憲法の現実をますます実感されているものと思料(しりょう)する。

もはや立法府が惰眠を貪(むさぼ)っている暇(いとま)はない。現行憲法のままでは、わが国の平和・安定と国民の生命・財産を守ることができないのは自明の理であり、遅滞なく改正論議を進めるべきである。

日本維新の会は、教育無償化、統治機構(地方分権)改革、憲法裁判所の設置の3項目について改正条文を示しているが、いずれも日本の未来のために不可欠な改正であると確信している。併せて、緊急事態条項の創設や9条改正についてもイメージ案のとりまとめ作業を進めているところである。

国民の皆さまにも大いに議論をしていただきたい。そもそも国民主権を掲げる日本国憲法が一度も国民投票を経ていないのは立憲主義の大いなる矛盾である。国民が主権を行使する国民投票を実施し、憲法を国民の手に取り戻す必要がある。現行憲法に一切触れさせないことに固執し、国会での憲法議論を阻むことは、国民の権利を奪うことになり民主主義の後退につながる。一部政党の「憲法を墨守して国民を守らず」という亡国をいとわぬ無責任な姿勢は断じて容認できない。日本維新の会は、立法府における憲法論議の先頭に立ち、一日も早く憲法改正の国民投票が実施されるよう全力を尽くすことをお約束する。

会員限定記事会員サービス詳細