清水、快勝で9試合ぶり白星 鬱憤晴らす4ゴール

湘南―清水 前半、先制ゴールを決める清水・中山=レモンS
湘南―清水 前半、先制ゴールを決める清水・中山=レモンS

サッカーの明治安田生命J1リーグで3日、清水は4―1で湘南に快勝し、9試合ぶりの勝利を挙げた。

清水が待望の勝ち点3をつかんだ。湘南に4-1で快勝し、2月26日の静岡ダービー以来9試合ぶりの白星。敵地のゴール裏をチームカラーのオレンジ色に染めたサポーターに勝利を届け、平岡監督は「勝って恩返しできてうれしい」と今季2勝目を喜んだ。

鬱憤を晴らすようなゴールラッシュだった。前半32分に鈴木唯からパスを受けた中山が先制すると、36分に鈴木唯、38分に白崎がネットを揺らした。後半5分に失点すると、14分に鈴木義がゴールを奪って突き放し、約2カ月ぶりの勝利をたぐり寄せた。

J1に復帰した2017シーズンから1桁順位は1度だけ。低迷が続く。1ゴール2アシストの鈴木唯は「この勝利でチームをいい方向へ持っていけるように一丸でやっていく」と力を込めた。厳しい戦いが続く中、〝王国〟浮上のきっかけにしたい。(奥山次郎)

会員限定記事会員サービス詳細