米バイオジェンCEO退任 アルツハイマー新薬難航

米バイオ医薬品大手バイオジェン本社=2020年3月、マサチューセッツ州ケンブリッジ(AP)
米バイオ医薬品大手バイオジェン本社=2020年3月、マサチューセッツ州ケンブリッジ(AP)

米バイオ医薬品大手バイオジェンは3日、ボナッソス最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。米メディアによると、日本のエーザイと共同開発したアルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」の商用化が難航したことによる責任を明確化するとみられる。

ボナッソス氏は後任のCEOが任命されるまで職務を続ける。アデュカヌマブは日本や欧州で承認が見送られたことから、バイオジェンは同時に販売インフラの縮小などの合理化策も発表した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細