犠牲者年齢の誤り認める 第1管区海保

北海道・知床半島沖で捜索する海上保安庁の巡視船=4月30日午後5時20分(共同通信社ヘリから)
北海道・知床半島沖で捜索する海上保安庁の巡視船=4月30日午後5時20分(共同通信社ヘリから)

第1管区海上保安本部(小樽)は3日、観光船沈没事故で氏名などを公表した犠牲者14人のうち、岐阜県多治見市の瀬川由美さんの年齢が誤りだったことを認めた。4月29日の発表時の51歳は間違いで、正しい年齢は公表までのプロセスが終わり次第、明らかにするとしている。

もう1人年齢を再確認していた兵庫県小野市の竹川生子さんは発表通り62歳だったという。2人に関しては、報道機関から間違っている可能性が指摘されていた。

会員限定記事会員サービス詳細