水中カメラ 船内部進入も不明者確認されず 知床

ウトロ港に停泊中の「KAZU Ⅲ」を調べた海上保安庁の職員=3日午前10時10分、北海道斜里町
ウトロ港に停泊中の「KAZU Ⅲ」を調べた海上保安庁の職員=3日午前10時10分、北海道斜里町

北海道・知床沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、道警が3日夕、水中カメラを船内部に複数回進入させた。行方不明者の姿は確認できていないという。海上保安庁が明らかにした。依然12人が行方不明となっており、第1管区海上保安本部(小樽)などは12隻の船、航空機6機を使って捜索を続けた。

事故は4月23日に発生。これまでに14人の死亡を確認した。カズワンは29日、救助要請があった付近の水深約120メートルの海底で発見。30度ほど右に傾いており、船外からの捜索は限られた方向からしかできない状態という。

1管などは、船の開口部から水中カメラの進入を試みているが、波で揺れる海上の船からカメラを遠隔操作で入れるのは非常に困難という。また、海底は視界が悪く、速い潮流にも阻まれて作業は難航していた。

会員限定記事会員サービス詳細