男子200メートルは飯塚V、小池4位 静岡国際陸上

男子200メートル決勝 20秒34で優勝し、声援に応える飯塚翔太=静岡スタジアム
男子200メートル決勝 20秒34で優勝し、声援に応える飯塚翔太=静岡スタジアム

陸上の静岡国際は3日、静岡県袋井市の静岡スタジアムで行われ、男子200メートルは東京五輪代表の飯塚翔太(ミズノ)が向かい風0・4メートルの条件下、20秒34で優勝した。昨年の日本選手権覇者の小池祐貴(住友電工)は20秒46で4位。

800メートル(タイムレース)の女子は田中希実(豊田自動織機)が2分3秒10で快勝。男子は薄田健太郎(筑波大)が日本歴代5位の1分46秒17で日本人最高の2位に入った。男子走り高跳びは真野友博(九電工)が2メートル27で制し、日本記録保持者の戸辺直人(JAL)は2メートル15で8位だった。

男子棒高跳びは東京五輪代表の江島雅紀(富士通)が5メートル40で勝った。

会員限定記事会員サービス詳細