フォト特集

博多どんたく 3年ぶりの熱気

博多どんたく港まつりで練り歩く「博多松囃子」=3日午後、福岡市
博多どんたく港まつりで練り歩く「博多松囃子」=3日午後、福岡市

福岡市で3日、大型連休恒例の「博多どんたく港まつり」が2日間の日程で始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、メイン行事のパレードは3年ぶりの開催。鮮やかな衣装をまとった大勢の市民が参加した。

主催団体によると、今年は感染防止対策として、パレードの参加団体数を減らした他、時間も2時間短縮。観客の密集を避けるため、ライブ配信も行った。

パレードは祭りの起源とされる福神、えびす、大黒が馬に乗って登場する「博多松囃子」でスタート。歩行者天国となった市内約1・3キロを市民が練り歩いた。沿道のスタッフは「マスクの着用」とプリントされたゼッケンを着て注意を呼びかけていた。

福岡市東区の無職藤吉武信さん(81)は「中止の期間は寂しかった。3年ぶりなので懐かしい気持ちだ。規模は縮小したとしても来年以降も続いてほしい」と話した。

「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
博多どんたく港まつりで練り歩く「博多松囃子」=3日午後、福岡市
博多どんたく港まつりで練り歩く「博多松囃子」=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
「博多どんたく港まつり」で福岡市内を練り歩く参加者=3日午後
博多どんたく港まつりで練り歩く「博多松囃子」=3日午後、福岡市
博多どんたく港まつりで練り歩く「博多松囃子」=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で、西九州新幹線開業をPRし行進する参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で、西九州新幹線開業をPRし行進する参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で、水泳の世界選手権をPRし行進する参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で、水泳の世界選手権をPRし行進する参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で米大リーグの大谷翔平さんの仮装をして練り歩く参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で米大リーグの大谷翔平さんの仮装をして練り歩く参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で感染防止対策を呼びかけるボードを掲げるスタッフ(右)=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で感染防止対策を呼びかけるボードを掲げるスタッフ(右)=3日午後、福岡市
博多どんたく港まつりで福岡市内を練り歩く「博多那能津会」=3日午後
博多どんたく港まつりで福岡市内を練り歩く「博多那能津会」=3日午後
「博多どんたく港まつり」のパレードを沿道で見る大勢の観客=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」のパレードを沿道で見る大勢の観客=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で、マスクを着用して笛を吹く参加者=3日午後、福岡市
「博多どんたく港まつり」で、マスクを着用して笛を吹く参加者=3日午後、福岡市
3年ぶりに開催された「博多どんたく港まつり」のメイン行事のパレード。マスク姿の参加者が目立った=3日午後、福岡市
3年ぶりに開催された「博多どんたく港まつり」のメイン行事のパレード。マスク姿の参加者が目立った=3日午後、福岡市

会員限定記事会員サービス詳細