山梨県道志村で発見の靴下 女児のものと類似 母が確認

報道陣の取材に応じる小倉美咲さんの母とも子さん=3日、山梨県道志村(平尾孝撮影)
報道陣の取材に応じる小倉美咲さんの母とも子さん=3日、山梨県道志村(平尾孝撮影)

山梨県道志村の山中で令和元年9月に行方不明になった小倉美咲さん(9)のものと類似する靴に加え、靴下も見つかったことに対し、美咲さんの母、とも子さん(39)は3日、報道陣の取材に対し、靴下が美咲さんのものと類似していたことを明らかにした。同日、「警察から写真を見せられ、確認した」と話した。

先月23日に道志村山中で、子供の頭部とみられる骨が発見され、その後の警察の捜索によって、28日に子供用の運動靴の右側、29日に同左側と、片方の靴下が見つかった。運動靴の右側について、とも子さんは28日に写真で確認し、美咲さんのものと、同じ製品だとしていた。

3日に、警察から左側の靴と靴下の写真を示され、とも子さんは、いずれも美咲さんのものと、類似していたと報道陣に説明した。

また、2日に山梨県警が、発見された人骨の頭の一部からは、個人を特定できるDNA型を検出できなかったと公表したことを受け、「完璧な鑑定結果が出たわけではないが、(人骨が)美咲のものではなく、ほっとした」と語った。さらに、「今後の鑑定でも美咲のものではないという結果(がでること)を祈りながら、美咲が無事に戻ってくることを信じている」と話した。

山梨県警では先月26日から連日、発見現場付近の捜索を実施。3日も40人態勢で捜索するほか、人骨については別の手法での鑑定を進め、美咲さんとの関連を慎重に調べている。

会員限定記事会員サービス詳細