航行連絡、違反常態化か 記録書類に多くの不備 知床沖事故

行方不明者の捜索を終え、午後2時ごろに漁船などが帰港した=3日午後、北海道斜里町(松崎翼撮影)
行方不明者の捜索を終え、午後2時ごろに漁船などが帰港した=3日午後、北海道斜里町(松崎翼撮影)

北海道・知床沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、運航する「知床遊覧船」(斜里町)の船長が以前から運航基準に違反して到達地点名などの連絡を怠っていた疑いのあることが3日、関係者への取材で分かった。同社の連絡記録に空白など多くの不備が見つかった。

関係者によると、同社の説明会で乗客の家族が豊田徳幸船長(54)からの連絡記録を開示するよう求めたところ、桂田精一社長(58)はなかなか資料を示さなかった。ようやく出した書類には、到達時刻などに空白部分が散見されたという。

家族側がこうした不備を踏まえ、到達時刻が遅れた場合はどうしていたのか問いただすと、桂田社長は「お客さんを楽しませるのが好きで、ちょっとぐらい遅れて帰ってくることぐらい全然ある」などと釈明したという。

会員限定記事会員サービス詳細