栃木の男性刺傷、容疑者とみられる男を確保

栃木県警本部=宇都宮市
栃木県警本部=宇都宮市

栃木県小山市で1日、男性(72)が男に刃物で胸を刺された殺人未遂事件で、県警小山署は同日、逃走した男とみられる人物を発見し、身柄を確保した。

署によると、1日午前10時35分ごろ、小山市向野の有限会社「大谷塗装工業所」で、同社役員の大谷力さん(72)から「知らない男に刺された」と119番通報があった。大谷さんは右胸に刃物が刺さった状態で見つかり、搬送時は意識があったという。

大谷さんは建物内に侵入してきた男と短い会話をした後に刺された。男と面識はなく、40歳ぐらいで黒い短髪だったと説明したという。

現場はJR小山駅から約6キロ東の田畑や住宅が点在する地域。

署は当初、大谷さんについて従業員とみられると説明していたが、その後役員と判明した。

会員限定記事会員サービス詳細