京都の地震で新幹線、運転一時見合わせ

2日午後10時21分ごろ、京都府であった震度4の地震で、東海道・山陽新幹線の米原―新神戸間で地震防災システムが作動し、運転を一時見合わせた。JR東海によると、午後10時35分ごろに運転を再開し、上下線で遅れが生じた。

気象庁によると、震源地は京都府南部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード4・4と推定される。津波の心配はない。

会員限定記事会員サービス詳細