エネオス、ミャンマー撤退 ガス開発、政変で状況憂慮

ENEOSのロゴマーク=東京都内
ENEOSのロゴマーク=東京都内

ENEOS(エネオス)ホールディングスは2日、傘下のJX石油開発が参画するミャンマーの天然ガス開発事業「イェタグンガス田」から撤退すると発表した。JX石油開発は「政変以降の同国内の状況を極めて憂慮している」とコメント。ミャンマー国軍のクーデターや人権弾圧、事業性などを踏まえ、事業継続が困難だと判断した。

4月29日付で事業パートナーに撤退を通知した。ミャンマー政府による承認などを得た後、撤退が有効となる。業績への影響は現時点では軽微としている。

同事業は2000年に生産を開始し、JX石油開発は19.3%の権益を保有している。

会員限定記事会員サービス詳細