交代の大谷「大事を取って」 右股関節に張り

ホワイトソックス戦の7回、投ゴロ併殺に倒れたエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
ホワイトソックス戦の7回、投ゴロ併殺に倒れたエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

エンゼルスの大谷は九回に右股関節の張りで代打が送られたが、軽症を強調した。「大事を取って。ああいう展開だったので、トレーニングスタッフに言われて交代したが、今のところ明日は出るつもり」とコメントした。

七回に投ゴロ併殺打に倒れた際、普段は全力で一塁を駆け抜けるところを、ベース到達直前にスピードを緩めて険しい表情を見せていた。今季初めて3番で出場したが、2試合連続無安打に終わった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細