「髪の毛の長い女性が…」元NMB48の白間美瑠が恐怖体験を語る

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演する元NMB48の白間美瑠
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演する元NMB48の白間美瑠

4月29日(金)、元NMB48の白間美瑠がラジオ番組『サクラバシ919』に出演。ホテルで恐怖体験に見舞われるも、まさかの方法で撃退したことを明かした。

同番組の金曜日パーソナリティーを務めている白間は、「幽霊は性への執着に弱い」という説を信じていると告白。

じつは、都内のホテルにひとりで泊まった際、電気を消して就寝していたところ、ふと目が覚めると「髪の毛の長い女性が(自分の)上に乗っかっていて、“出ていけー!”と言われた」とのこと。

霊感はまったくないという白間だが、この部屋に入った時点で「気持ち悪さ」を感じていたと回顧。はじめての心霊現象に驚きながらも、「これはやばいやつだ!」と思い、なんとか力づくで振り解いておさめたという。

その後、恐怖を覚えた白間は、電気をつけてベッドの横にあったドレッサーに座ったそう。すると、今度は顔面蒼白の男の子が鏡に映り…。度重なる恐ろしい出来事に「うわぁー!」と叫ぶが、次の瞬間、なぜかベッドで寝ていたと話す。

白間は「これは夢やったんかな?」と思ったものの、消していたはずの電気はついていたのだとか。

その部屋に3日間滞在する予定だったということで、「どうしよう? 怖いな…」と不安を抱くなか、「幽霊は性への執着に弱い」という説を思い出したと話す。

そこで、白間は「ホテルにある映画のチケットを買って、寝るときエッチな動画を流して寝る」という対策を実施。さらに、その効果についても「エッチな動画を流した瞬間、すごく空気が明るくなった。私はひとりじゃないんだという気持ちになった」と語った。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演する元NMB48の白間美瑠
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演する元NMB48の白間美瑠

ツツジを吸いすぎて…

じつはこの番組で、数々の “野生児っぷり”を披露している白間。この日も、普段は温厚なマンションの管理人から怒られてしまったというエピソードを語った。

なんでも、小学生のころに「ツツジを吸うと甘い蜜が出てくる」と姉から教わった白間は、自宅のマンションにあったツツジを友達と一緒に吸っていたところ、咲いていた花がなくなってしまったそう。

すると、いつもは怒らない管理人さんに激怒されてしまい…。

管理人は「いつもふわふわしていて、優しいおじいちゃん」だったが、大事に育てていたツツジがすべてなくなっているのを見るや「わしのツツジをー!」と憤怒。白間は「しっかり頭をさげました。ごめんなさい、管理人さん」とあらためて謝罪した。(ラジオ大阪)

会員限定記事会員サービス詳細