主張

文大統領の妄言 関係悪化は貴方のせいだ

韓国の文在寅大統領がテレビのインタビューで「安倍(晋三)政権で日本の右傾化が進み、韓日関係が悪化したのは明らかだ」と述べた。

退任間際の妄言としても、貴方(あなた)にだけは言われたくない。

関係悪化を招いたのはひとえに、慰安婦や「徴用工」問題で国家間の約束を踏みにじってきた文政権の責任である。

5月9日に大統領の任期満了を迎える文氏の発言は、韓国のJTBCテレビで「退任前最後」のインタビューとして放映された。

1998年に当時の金大中大統領と小渕恵三首相が署名した日韓パートナーシップ宣言に言及し、「韓国の歴代政権の立場は当時と変わっていないが、日本はどんどん右傾化した」などと言う。

「右傾化」とは、韓国に媚(こ)びず、国際法に則(のっと)って国同士の約束を守るよう求めるからだろう。そのどこが悪いのか。

韓国歴代政権の立場は変わっていないというが、慰安婦問題を例にしても解決済みの問題をたびたび蒸し返してきた。繰り返される無法ぶりこそ、法律家の文氏が退任前に恥ずべきことである。

とくに文氏は大統領就任後、未来志向で日韓関係を発展させると言いながら、実際には逆の行動をとってきた。

慰安婦問題では2015年の日韓合意を忘れないでもらいたい。合意で日韓両政府は「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した。「互いに非難、批判することは控える」ことも約束した。

文政権はいずれも守っていない。日本から拠出した10億円を基金とした元慰安婦支援のための財団を一方的に解散した。また8月14日が国定記念日の「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」(慰安婦記念日)となった。

日本企業に不当な賠償命令を出した「徴用工」訴訟をめぐっても、文政権は「司法の独立」などを盾に座視し、問題をこじらせた。尹錫悦政権には、反日の象徴である日本大使館前の慰安婦像の撤去を含め、日韓関係悪化の要因を取り除く行動が求められる。

文氏はこのインタビューで、北朝鮮問題について「対話と外交の局面に転換させた」などと誇ったというが、考え違いだ。北朝鮮との融和政策に偏り、金正恩政権のミサイル実験などの暴挙を許しただけである。

日韓関係「右傾化安倍政権で悪化」 文氏最後のインタビュー

【ソウル特派員発】文大統領が最後に吐露した「3人の敵」

会員限定記事会員サービス詳細