女子大院生に米学会最優秀賞 マタタビ好む猫の謎解明

科学コンテストで最優秀賞を受賞し、記者会見する岩手大の大学院生上野山怜子さん=2日午前、盛岡市
科学コンテストで最優秀賞を受賞し、記者会見する岩手大の大学院生上野山怜子さん=2日午前、盛岡市

猫がマタタビを好む理由を解明した岩手大の大学院生、上野山怜子さん(24)の研究がこのほど、米国最大規模の国際学会が主催する科学コンテストで最優秀賞を受賞した。2日に盛岡市で記者会見した上野山さんは「大変驚いた。研究の励みにしたい」と喜びを語った。

受賞したのは、米科学誌「サイエンス」の出版元、米国科学振興協会(AAAS)が主催するコンテストの生化学・分子生物学部門(大学院生対象)。上野山さんが中心的な役割を担い、寝転がって体に擦りつけるなどの行動を猫に起こさせる物質「ネペタラクトール」がマタタビに含まれていることを発見。この物質に蚊を寄せ付けない効果があることを突き止めた研究は、昨年1月に発表され、反響を呼んだ。

指導する岩手大の宮崎雅雄教授によると、同コンテストでの日本人学生の最優秀賞受賞は過去10年で例がないという。

会員限定記事会員サービス詳細