死亡男女は大阪の70代夫婦 徳島・神山町の車転落

徳島県神山町阿野五反地の鮎喰川で2日、乗用車が転落し乗車していた2人が死亡した事故で、徳島県警徳島名西署は同日、この2人が大阪府枚方市の放射線技師、稲崎保さん(73)と妻のてい子さん(70)と判明したと発表した。同署が転落した原因を調べている。

同署によると、乗用車は2日午前9時半ごろ、鮎喰川に転落し、目撃した近隣住民が110番。2人は約1時間後、消防に救出されたが死亡が確認された。現場は緩やかなカーブで、川の深さは約4メートル。2人は愛媛県での法事に参列した後だった。

会員限定記事会員サービス詳細