Snow Man深澤、向井、宮舘 ヒゲダンス再び

真剣な表情で踊るSnow Man(左から)宮舘涼太、向井康二、深澤辰哉(C)フジテレビ
真剣な表情で踊るSnow Man(左から)宮舘涼太、向井康二、深澤辰哉(C)フジテレビ

9人組グループ、Snow Manの深澤辰哉、向井康二、宮舘涼太が8日放送の「ドリフに大挑戦スペシャル」(後7・0、フジテレビ系)に出演。キレッキレのヒゲダンスを再び披露する。

黒のえんび服にヒゲをつけた加藤茶と志村けんさんが「ヒゲのテーマ」に乗りながら独特の動きで笑いを誘った名作コントだが、3人が飯尾和樹(ずん)と組んで再度挑戦。前回は“バケツ&たらい回し“だったが、今回は“フラフープ”に挑んだ。

練習で一度も成功しなかった向井は緊張の面持ちで本番へ。最初は通常サイズのフラフープが用意されるが…結末はいかに?

ほかにも名作コントに臨んでいる3人。ドリフが作り上げた最高級のお笑いへのリスペクトとその無限の可能性に目を輝かせながら濃密な3時間SPとなっている。

収録後は「控室で仲本工事さんとお話をする機会があり、レジェンドの方々と一緒に共演させていただけるありがたみをすごく感じた。メンバーの岩本(照)からは“前回の放送、めっちゃ面白かった。頑張って“と言ってもらえたのもうれしかった。今回は前回築いたチームワークがあったので自分たちも楽しくできた。きっと見てくださる人にもその気持ちは伝わると思う」(深澤)「前回、自分の中で“振り切れたな~“というか、自分自身も“あっ、こういう引き出し持ってたんだ”というのを知ることができた。機会があれば、何年でも続けていきたい」(宮舘)と話した。

一方、終始不安な表情だった向井だが、「飯尾さん含めての4人のチームワークは絶対見てもらいたい」と強調し、「いつかまたこういう機会あれば9人でやりたい」と意欲を見せていた。

番組にはザ・ドリフターズを愛してやまない芸能人たちが大集結し、メンバーとともに“もしもシリーズ”など体を張ったコントに挑戦する。昨年9月に1回目が放送され、SNS上では「ドリフは永遠だと感じた」「世代を超えて家族で楽しめた」など多くの反響が寄せられた。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細