愛知の県民割、近隣7県在住者も利用可能に

愛知県の大村秀章知事
愛知県の大村秀章知事

愛知県の大村秀章知事は2日の記者会見で、住民向け旅行割引「県民割」の対象者を拡大すると発表した。県内在住者が県内旅行をする場合を対象にするとしてきたが、近隣7県の在住者が愛知県内を旅行する場合も適用する。予約は2日から開始する。

7県は新潟、富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡。反対に愛知県在住者が7県に旅行する際には、それぞれの県民割を利用できる。三重県も現在調整している。

期間は5月9~31日で、ワクチンの3回接種か陰性証明の提示が条件。1人1回5千円を上限に代金の半額を、電子マネーなどで還元する。割引後の代金で旅行商品を販売するキャンペーンも19日から始める。

会員限定記事会員サービス詳細