運動靴が地表で発見 山梨、流された可能性

規制線が張られた現場周辺に集まる報道陣=4月29日午後、山梨県道志村
規制線が張られた現場周辺に集まる報道陣=4月29日午後、山梨県道志村

山梨県道志村の山中で令和元年に行方不明になった小倉美咲さん(9)=千葉県成田市=のものと類似した左右の運動靴と靴下は、地表に出た状態で発見されたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。枯れた沢沿いの斜面近くで見つかったことから、県警は上流から流されてきた可能性があるとみて、2日も40人態勢で捜索した。

捜査関係者によると、靴の上に枯れ葉がかかっていたものの、土に埋まった状態ではなかった。現場付近はこれまでも捜索しているが、当初の大規模捜索後、台風などにより地形が変わっている場所もあるという。雨で流されたために、見つかった可能性もある。

今年4月下旬、キャンプ場から東に約600メートルの沢沿いで子供の頭部とみられる人骨の一部が見つかった。左右の靴と靴下も相次いで発見された。靴は、美咲さんが行方不明になった当時、はいていたものと特徴が一致。靴と靴下は、骨の発見場所から約200~300メートル上流にあった。

会員限定記事会員サービス詳細