酒気帯び運転で信金に突っ込み 83歳男逮捕

千葉県警本部=千葉市中央区
千葉県警本部=千葉市中央区

2日午前10時ごろ、千葉県木更津市畑沢の千葉信用金庫畑沢出張所で、軽乗用車が入り口のガラスドアに突っ込み、中にいた90代男性が軽傷を負った。千葉県警木更津署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、運転していた木更津市畑沢、自称無職、山口芳也容疑者(83)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は酒気を帯びた状態で運転して同出張所に突っ込み、男性にけがを負わせたとしている。木更津署によると、バックで駐車する際にブレーキとアクセルを踏み間違えたと説明しているという。

会員限定記事会員サービス詳細