地方移住ナビ

香川県多度津町 「どっつ」でつながる人と町

「どっつ」を使うと普段は入れない場所から絶景をみることもできる
「どっつ」を使うと普段は入れない場所から絶景をみることもできる

多度津町は香川県の中部に位置し、南は讃岐平野、北は風光明媚(めいび)な瀬戸内海国立公園に接した、四国の交通の要所として発展してきた港町です。オリーブ、ぶどう、カキなどが特産品で、アートやかわいい猫たちに出会える島々や古い町並みが残る、ゆったりとした時を過ごせる町です。

現在、地域内外のつながりづくりを円滑にするためのツールとして、まちのコイン「どっつ」を運用しています。「まちのコイン」はスマートフォンなどで使えるアプリで、「どっつ」は町内のお店や企業、イベントなどで使えます。「どっつ」を使うことで、お金で買えない体験や活動に参加でき、人や町とのつながりが生まれます。ぜひ「まちのコイン」アプリを使ってみてください。(多度津町政策観光課 高嶋晃史)

香川県多度津町
香川県多度津町

詳しくは「まちのコイン多度津」で検索。問い合わせは多度津町政策観光課(0877・33・1116、seisaku@town.tadotsu.lg.jp)

会員限定記事会員サービス詳細