現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

世界の論点

中・ソロモン安保協定締結

2019年10月、北京で開かれた歓迎式典で李克強首相(左)と歩くソロモン諸島のソガバレ首相 (AP)
2019年10月、北京で開かれた歓迎式典で李克強首相(左)と歩くソロモン諸島のソガバレ首相 (AP)

南太平洋の島国ソロモン諸島が中国と安全保障協定を締結し、中国がソロモンを拠点に軍事活動範囲を広げることが懸念されている。オーストラリアのメディアは強い危機感を示しソロモンのソガバレ政権を批判するとともに、豪州政府の失態も追及している。2019年までソロモンと国交があった台湾では、中国の軍事的脅威が高まるとの主張がある一方で、米国陣営に入って反発しないよう自制を求める声も出ている。

□豪州

ランキング

  1. 【産経抄】5月28日

  2. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  5. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  6. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  7. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  8. 【産経抄】5月27日

  9. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  10. 【産経抄】5月26日

会員限定記事