飼いネコは〝友達〟の名前認識 京都大など研究グループ

ネコは一緒に暮らす〝友達〟のネコや、人の名前を認識している-。京都大などの研究グループがこうした研究結果を国際科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。ペットとして身近なネコが人の言葉を識別しているのか、これまで科学的には分かっていなかった。ネコは友達の名前を聞くと、その顔を思い浮かべているとみられ、グループは「どのように学習しているのか調べたい」としている。

グループによると、人や動物は、自身の予測と異なることが起きると、その現象を長く注視する傾向が強まる。研究ではその性質を利用し、ネコが何を予測していたかを知ることで、名前の認識の有無を調べた。

実験では、3匹以上飼育する家庭で暮らすネコ19匹に、同居するネコの名前を聞かせた後、名前が一致しない別のネコの写真を見せた。すると、名前と一致するネコの写真を見たときよりも、長く見続ける傾向があった。同様の実験は、名前を呼ばれる機会が比較的少ない「猫カフェ」の29匹にも行ったが、こうした傾向はみられなかった。

家庭のネコについては、飼い主ら同居する人間の写真を使った同様の実験も実施。この結果、家族の人数が多かったり、飼育期間が長かったりすると、名前と写真が不一致の場合に長く見る傾向があった。家族間で話しかける際に名前を呼ぶ機会が多く、ネコもその影響を受けていることが示されたという。

京大所属時から研究を続ける麻布大の高木佐保特別研究員(比較認知科学)は「ネコは自分が話しかけられていない時も、人の会話を聞いていることが分かった。今後は名前と見た目をどう関連付けて認識しているのか調べたい」と話している。(森西勇太)

会員限定記事会員サービス詳細