阿部さん「感謝」巻さん「人生の師」 オシム氏死去に教え子たちが思い

巻さんと一緒に笑顔を見せるオシム氏=2006年5月
巻さんと一緒に笑顔を見せるオシム氏=2006年5月

元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシムさんが1日、死去した。かつて率いたクラブのシュトゥルム・グラーツ(オーストリア)が公式サイトで発表した。死因は不明。80歳。サラエボ出身。教え子たちはそれぞれのツイッターで偉大な指導者への思いを述べた。

所属クラブ、日本代表の両方で薫陶を受けたまな弟子の阿部勇樹さんは「オシム監督から学んだことは自分の今後の人生で大事なことであり、それをしっかりと伝えていけるよう頑張ります。サッカーが好きで好きでたまらない、オシム監督!感謝しております」などと投稿した。

元日本代表の巻誠一郎さんは「僕にとってオシムさんはサッカーだけでなく、人生の師です。これからの人生もオシムさんから学んだ事を体現していきます。ゆっくり休んでください」と感謝の意を込めた。

会員限定記事会員サービス詳細