「襲ったほうが手っ取り早い」 ベトナム人女性殺害、弁当店侵入容疑で男を再逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市淀川区の建物2階の一室で、階下の弁当店で勤務するベトナム国籍の女性(31)が殺害された事件で、強盗殺人罪などで起訴された山口利家(としや)被告(59)が昨年12月、窃盗目的でこの弁当店に侵入した疑いのあることが分かった。金品を見つけられなかったため何も盗まず逃走したという。大阪府警捜査1課と淀川署は2日、建造物侵入と窃盗未遂の疑いで山口被告を再逮捕した。

同課によると「店に金がないのは分かったので、店員を襲った方が手っ取り早いと思った」と供述。同課は強盗殺人事件に至った経緯を詳しく調べている。

強盗殺人事件の家宅捜索で、山口容疑者宅から弁当店の防犯カメラに付属するモニターとSDカードが見つかり、店内を物色する映像が残っていた。同課は山口容疑者が発覚を免れるため店からモニターなどを持ち去ったとみている。

再逮捕容疑は昨年12月5日午前3時ごろ、大阪市淀川区三津屋中の弁当店「ほっかほっか亭三津屋店」に勝手口から侵入し、金品を盗もうとしたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細