立民、参院石川に小山田氏 補選で落選、無所属出馬も

立憲民主党石川県連は1日の常任幹事会で、夏の参院選石川選挙区(改選数1)に4月の参院石川選挙区補欠選挙で落選した新人の小山田経子氏(43)の擁立を決めた。立民公認か無所属で立候補する。

県連代表の近藤和也衆院議員は記者団に、補選で推薦を得られなかった国民民主党など、幅広い支援を得るために無所属での出馬を選択肢とすると説明した。

小山田氏は山口県出身。補選に立民公認で出馬し、落選した。当選した自民候補とは約13万票差だった。石川選挙区には、4選を目指す自民党現職の岡田直樹参院国対委員長(59)も出馬する。

会員限定記事会員サービス詳細