横浜の住宅街で土砂崩れ、8世帯19人に避難指示

1日午前0時40分ごろ、横浜市中区打越の住宅街で、住民から「家の裏手の崖が崩れた。水も出ている」と119番通報があった。消防が確認したところ、高さと幅約10メートル、奥行き約3メートルの範囲で土砂が崩れていた。けが人はいなかった。

区によると、午前2時20分に付近の8世帯19人に避難指示を出した。区は近づかないように注意を呼びかけるとともに、原因を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細