男子400障害Vの黒川、48秒台「狙って出した」

男子400メートル障害を制し笑顔の黒川和樹=5月1日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(榎本雅弘撮影)
男子400メートル障害を制し笑顔の黒川和樹=5月1日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(榎本雅弘撮影)

陸上の木南道孝記念最終日の1日、男子400メートル障害を制した黒川和樹(法大)はゴールしてタイムを確認すると、右の拳を握りしめた。「よっしゃ。危ねえ」。世界選手権の参加標準記録ぴったりの48秒90。「参加標準を切りたいと思っていた。ホッとしています」。太ももをさすりながら屈託なく笑った。

前半から勢いよく飛び出し、後半もギアを上げてゴールまで駆け抜けた。昨年は前半を意識しすぎて力みにつながり、タイムの割にはスピードを感じられなかったという。今回は「リラックスしてリズムよく走れた」と手応えを口にした。

バネがある走りが持ち味で、48秒台は自身3回目。「昨年は(勢いで)出ちゃった感じ」と振り返るが、今回は「狙って出した」と強調する。東京五輪で予選敗退に終わった後、冬場は上半身のウエートトレーニングに力を入れてきた。「腕振りが良くなった」のが成長の一因だ。

黒縁の眼鏡にヘアバンドという個性的なスタイルで疾走する20歳。「世界陸上では入賞を目指したい。47秒台も狙っていきたい」と意欲をみせる。苅部俊二や為末大らの伝統を受け継ぐ〝法大ハードラー〟は、まだまだ進化を続けていく。(丸山和郎)

会員限定記事会員サービス詳細