船体内部の捜索検討も難航 知床観光船沈没

観光船「KAZU Ⅰ」が沈没した現場海域で水中カメラによる捜索をしているとみられる北海道警の船舶=1日午前10時、北海道・知床半島沖(共同通信社ヘリから)
観光船「KAZU Ⅰ」が沈没した現場海域で水中カメラによる捜索をしているとみられる北海道警の船舶=1日午前10時、北海道・知床半島沖(共同通信社ヘリから)

北海道・知床の「カシュニの滝」から西北西に約1キロ沖合、水深約120メートルの海底で見つかった「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」について、第1管区海上保安本部(小樽)などは1日、カズ・ワン内部の捜索に向けて検討を進めた。船内に行方不明者がいる可能性があるとみられているが、潮の流れが速いことなどから作業は難航している。

捜索に使う水中カメラは、海上保安庁と海上自衛隊、北海道警の3台。海保によると、それぞれに特性があり、海自はほかの2台よりも大きめだという。2台同時に下すとケーブルが絡まるおそれや操縦する船が近いと危険なため、1台ずつ調査を行っている。

1日は道警のカメラを投入。すでに船体後方のドアが開いているのが確認されており、同日は水中カメラで内部の確認を試みたが、潮の流れが速い上に視界も悪く、捜索は難航。海底120メートルで狙った場所にカメラを近づけることも難しいという。

4月30日は海上自衛隊のカメラが3回投入されたが、行方不明者の発見につながる手がかりはなかった。4回目に海保のカメラを投入しようとしたが、潮の流れが速くてまっすぐに下すことができず、撮影を断念した。

会員限定記事会員サービス詳細