サッカーはコスパが悪い?! 競技人口増加へ 中村憲剛氏が母校とタッグ

少子化の波が押し寄せ、娯楽の多様化が進む。JFAの担当者は「比較的関心が薄い『低関心層』をどう巻き込んでいくかが肝。学生の皆さんにサッカー熱を高めるためのアイデアを出してもらえたら」と期待する。

講義は12月まで計4回開催され、最終回には学生がJFA役員を相手にプレゼンテーションを実施。最優秀賞に選ばれたアイデアを、JFAが開発に着手している新アプリに採用する予定という。

JFAの登録制度改革本部で〝助言役〟を担うJFAグロース・ストラテジストでもある中村氏は、「サッカーに関心がない層がこれだけいると知れたことが収穫。逆に伸びしろがあると実感できた。この声を次のステップに生かしていければ」と意気込む。2050年までに「サッカーファミリー1000万人」というJFAの目標達成へ、裾野を広げられるか。(運動部 川峯千尋)

会員限定記事会員サービス詳細