光を反射する物体が何でも“盗聴” 驚きの「光学スパイ技術」の中身

室内に光を反射する金属製の物体があれば、望遠鏡に取り付けたセンサーで外から観測することで“盗聴”できる──。そんな光学スパイ技術を、イスラエルの研究グループが開発した。

極度の心配性の人たちなら、きっと最新の盗聴技術に対抗するためのチェックリストを頭のなかに用意していることだろう。

例えば、盗聴マイクが仕掛けられていないか自宅やオフィスをくまなく調べること。携帯電話は電磁波をさえぎるファラデーバッグか、冷蔵庫にしまっておくこと。場合によっては手もちのデバイス類から内蔵マイクを抜き取ってしまうこと──といった具合だ。

ところがある研究者グループによって、このリストに驚くべき項目が追加された。「室内に置かれた軽量で金属製の物体すべてを窓から見えない場所に移すこと」というものだ。

光を反射する物体から“盗聴”イスラエルにあるネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究グループが、2022年5月にシンガポールで開催される情報セキュリティ会議「Black Hat Asia」で、ある最新の監視技術を発表する。部屋の中に光を反射するものが置かれていて、そのいずれかが窓からほんの少しでも見えていれば、誰でも市販の機材を使って室内の会話を盗聴できるというのだ。

その手法とは、望遠鏡のレンズに取り付けた光学センサーを、室内にある光を反射する物体に向けるというものである。アルミ製のゴミ箱や金属製のルービックキューブなどにセンサーを向けたところ、それらの物体の表面の振動を検出し、音声を“再現”して会話を傍受できたという。

過去には同じように、ごくわずかな振動を読み取り、離れた場所から対象者の会話を盗聴するという実験例がある。こうした実験とは異なり、この新たな技術は小声での会話を聞き取れるうえ、利用できる反射物の種類もはるかに多い。また、室内の音声を事後に復元するわけではなく、リアルタイムに盗聴できるという。

「話者の近くに軽くて光るものが置かれていれば、そこから反射される光を分析することで話の内容を復元できるのです」と、この研究の中心人物であるベン=グリオン大学教授のベン・ナッシは語る。彼のほかに、ラス・スウィッサ、ボリス・ザドフ、ユバル・エロビッチが研究に参加した。「この技術が優れている点は、リアルタイムに使える点です。スパイ活動中に会話から得られた情報に応じて、即座に動くことが可能になります」

会員限定記事会員サービス詳細