山口が準決勝進出 バドミントンのアジア選手権

バドミントンのアジア選手権は29日、マニラで準々決勝が行われ、シングルスで女子の山口茜(再春館製薬所)がタイ選手に2―1で勝ち、準決勝に進んだ。高橋沙也加(BIPROGY)は韓国選手、男子の常山幹太(トナミ運輸)はマレーシア選手に敗れた。

ダブルスは女子の福島由紀、広田彩花組(丸杉)、岩永鈴、中西貴映組、混合の渡辺勇大、東野有紗組(以上BIPROGY)が4強入りした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細