オートバックス展開の会社社長逮捕 酒気帯び運転疑い 兵庫県警 ベントレーで物損事故

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

酒を飲んで車を運転したとして、兵庫県警神戸西署は30日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、自動車用品店「オートバックス」や「業務スーパー」などをフランチャイズ展開する「G―7ホールディングス」(神戸市)の社長、木下智雄(のりお)容疑者(54)=同市西区美賀多台=を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は4月29日午後11時ごろ、同市西区伊川谷町長坂の市道で、酒気を帯びた状態で運転したとしている。

同署によると、木下容疑者は知人宅で酒を飲んだ後、高級外車「ベントレー」を運転し、住宅2軒のフェンスや門にぶつかる物損事故を起こした。住民の通報で駆けつけた署員が、呼気から基準値を超えるアルコールを検出した。

会員限定記事会員サービス詳細