米次官補、東南アジアへ 5月の首脳会議地ならし

米国務省=ワシントン(AP=共同)
米国務省=ワシントン(AP=共同)

米国務省は29日、クリテンブリンク国務次官補(東アジア・太平洋担当)が5月1~7日にカンボジアとラオスを訪問すると発表した。12、13両日にワシントンで開催される米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議の地ならしを進める。

カンボジアはASEAN議長国。クリテンブリンク氏は両政府高官と会談し「安全で開かれ、繁栄したメコン川流域国」の実現に向けた協力についても協議するという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細