橋にはためくこいのぼり お目見え 島根・江府町

橋に掲揚されたこいのぼりの下を走り抜ける子供たち=30日、鳥取県江府町
橋に掲揚されたこいのぼりの下を走り抜ける子供たち=30日、鳥取県江府町

「こどもの日」を前に鳥取県江府町で30日、日野川にかかる2本の橋に約140匹のこいのぼりがお目見えした。新緑の名峰・大山を背景に、青や赤のマゴイやヒゴイが泳ぐ姿が5月7日まで楽しめる。

こいのぼりは地元の漁協関係者と町が、子供たちの成長と河川の美化を願って例年ゴールデンウイークに合わせて掲揚している。 こいのぼりは地元の漁協関係者と町が、子供たちの成長と河川の美化を願って例年ゴールデンウイークに合わせて掲揚している。この日は約60人で橋の両側の欄干にヒノキの支柱をくくりつけ、ロープで3、4匹ずつ取り付けた。 作業を手伝った中学1年の谷田朋花さん(12)は「こいのぼりを揚げたのは初めて。力が必要で疲れたけど、きれいだなと眺めてもらえたら」と汗をぬぐった。

家庭で飾らなくなったものを町内外から譲り受け、風雨や日光で傷んだものと入れ替えて掲揚。今季は約20匹の寄贈を受けた。

会員限定記事会員サービス詳細