現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

「ネコの腎不全治療薬」 開発どうなっている?

重度の腎不全で、立っているのがやっとだった13歳(当時)オスの「てと」ちゃん。AIMを試験投与後、食欲が出てごはんを食べた(時事通信出版局提供)
重度の腎不全で、立っているのがやっとだった13歳(当時)オスの「てと」ちゃん。AIMを試験投与後、食欲が出てごはんを食べた(時事通信出版局提供)

ネコにとって「不治の病」とされてきた腎臓病の治療薬開発を目指し、東大教授を辞めて一般社団法人「AIM医学研究所」を設立した宮崎徹さん(59)。全国の愛猫家にとって、気になるのは薬の開発の進捗状況だろう。「今年終わりから来年初めには治験に入る」見通しだという薬が実用化されるのは、いつごろなのだろうか。

ネコは5歳ぐらいから腎臓に異常が出始めるケースが多い。ペット保険などを手がけるアニコムホールディングス(東京都)の「家庭どうぶつ白書」(平成29年版)によると、12歳以上のネコの死亡原因の32・7%は、腎臓病などの泌尿器系疾患。有効な治療法はなく、5~7割は改善せずに慢性腎不全のため15歳程度で死ぬという。ネコの腎臓病は、獣医や愛猫家たちにとってまさに「宿敵」だ。

腎臓は、血液中の老廃物を尿として排出する役割を担う。腎不全はこの機能が働かない状態のことで、尿の通り道が老廃物でふさがれてしまうことなどが原因とされる。

ヒトやマウスが急性腎不全になった場合は、宮崎さんが発見したタンパク質「AIM」が発動して老廃物が排除され、腎機能が改善することが分かっている。だが、ネコはAIMを持ってはいるものの、なぜか働かない。そこで、ネコにも機能するAIMを薬として投与する-というのが、開発中のネコ薬の「仕組み」だ。

ランキング

  1. 伊勢神宮大宮司に久邇氏、旧皇族出身の元商社マン

  2. 【平成の科学(3)】「確実な地震予知は将来もできない」山岡耕春・日本地震学会会長

  3. 【千利休500年】ジョブズ氏ら世界の一流が知る和の本質

  4. 【びっくりサイエンス】片頭痛の痛み 実は想像以上に物凄い

  5. オミクロン新派生型「BA・4」「BA・5」 感染力、病原性高いか

  6. 凍結乾燥細胞からクローンマウス 山梨大、世界初

  7. 遠心力で重力発生 月・火星への移住に向け共同研究 京大・鹿島

  8. 【知ってる!?】首都高カーボンニュートラル戦略① CO2割減で持続可能な道路に

  9. 【朝晴れエッセー】父の履歴書・7月6日

  10. 【ヒューリック杯棋聖戦】藤井棋聖、3連覇へ王手

会員限定記事