シンガポールでバーチャルスポーツ決勝大会 IOC公認で五輪採用視野

国際オリンピック委員会(IOC)は29日までに、身体運動を伴いながらオンラインで競う「バーチャル(仮想)スポーツ」の将来的な五輪採用を視野に入れたIOC公認の「オリンピック・バーチャル・シリーズ(OVS)」決勝大会を来年初頭にシンガポールで開催する方針を明らかにした。

昨年の第1回大会では野球、自転車、ボート、セーリング、モータースポーツの5競技を実施。次回は今年後半に始まり、決勝大会をシンガポールでの「オリンピック・バーチャルスポーツ・フェスティバル」に組み込む計画を検討している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細