靴下も子供サイズ 山梨・道志村、女児不明

規制線が張られた現場周辺=29日午後、山梨県道志村
規制線が張られた現場周辺=29日午後、山梨県道志村

子供の頭部とみられる人骨の一部が見つかった山梨県道志村山中の捜索で、後に発見された靴下と子供用の左右の靴が、同じようなサイズであることが30日、捜査関係者への取材で分かった。靴は令和元年に行方不明となった小倉美咲さん(9)=千葉県成田市=のものと類似しており、山梨県警は30日も40人態勢で捜索を継続、枯れた沢の周辺斜面を重点的に調べた。

靴下が見つかったのは、人定不明の人骨があった地点から沢沿いに200~500メートル上方の斜面と新たに判明。靴はその数メートルの範囲にあった。

当時、美咲さんがはいていた靴下は花柄。今回見つかったものは劣化して黒くなっており、色合いの判別が難しい状態だった。

捜査関係者によると、美咲さんが行方不明となったキャンプ場からは、南西方向に出た後、東に向かって沢付近に至る林道が存在する。大人で約30分かかるが、子供でも十分歩けるという。

会員限定記事会員サービス詳細