現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

4月29日

26日に韓国のテレビで放映された文在寅大統領のインタビューには、開いた口がふさがらない。「安倍(晋三)政権で日本の右傾化が進み、韓日関係が悪化したのは明らかだ」。任期中に「戦後最悪」となったのは、日本のせいだというのだ。

▼慰安婦問題一つとっても、こじらせたのは文氏その人である。2017年に大統領に就任するや、問題の解決を確認した2年前の合意に「重大な欠陥がある」とけちをつけた。その後は事実上の白紙化に追い込んだ。いわゆる徴用工問題についてもしかりである。

▼次期政権の代表団が、関係改善を求めて日本を訪問している最中の放言でもある。結局文氏にとって日本とは、国民の間に反感をかき立て政権浮揚につなげるだけの存在だったのだろう。退任まで1週間余りとなった文氏の頭の中を占めているのは、おそらく退任後の安泰な生活をいかに守るか、である。

ランキング

  1. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  2. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  3. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  4. 【産経抄】5月17日

  5. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  6. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  7. 【浪速風】国技が教えてくれる

  8. 【浪速風】獄死者も…祖国日本による救出を待つ同胞たち

  9. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

  10. 【石平のChina Watch】中国軍の実態暴く司令官寄稿

会員限定記事